ご挨拶

皆様こんにちは。渡辺康平です。

この度の須賀川市議会議員選挙では、1417票を投じて頂き、初当選を果たしました。本当にありがとうございます。

「新しい時代には、新しい政治家が必要だ」と、私は選挙期間中、マイクとスピーカーを使い訴えてまいりました。

これからの新しい時代は、「人口減少」、「少子高齢化」など舵取りの難しい時代になります。

このような、政治課題に取り組むためには、既存の政策だけではなく、新しい発想による政策が必要です。

だからこそ、今の須賀川には若い力が必要だと思います。

9月4日から須賀川市議会議員として4年間の任期が始まりました。

後藤新平にゆかりある須賀川は「自治の町」です。

後藤新平の提唱した行動原理に「自治の三訣」があります。

「人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そしてむくいを求めぬよう」というものです。後藤はこの三訣を、個人から地域や各種組織、さらに地方自治、国家のあり方まで通ずる原理として提唱しています。

自治の町の市議会議員として、これからの須賀川市に「新しい自治」を確立させていきます。

市民の皆様、共に新しい須賀川を創りましょう。

投稿日:

執筆者: