個人献金のお願い

渡辺こうへい後援会では渡辺康平の政治活動を支援する皆様へ個人献金をお願いしております。
皆様からいただいたご支援は、後援会の政治活動・印刷物作成費・ホームページ管理費などに使わせていただきます。
渡辺康平の政治活動にご理解、ご賛同いただき、ご協力をいただけたら幸いです。

>個人献金のお願いに至った理由

須賀川市から支給される政務活動費は年額36万円ですが、あくまで「所属会派」に支給されるため、一地方議会議員としての活動には支出することができません。そのため、兼職していない専従として活動する地方議員の多くは全額私費(議員報酬)で動いております。
議員報酬は月額42万円を支給されますが、税や社会保険料及び会派・委員会の積立金が惹かれると29万円が手元に残り、そこから加盟する団体に会費を納め、最後に残った額で活動資金をねん出している状況です。
この中より集会の開催や、印刷費・交通費・事務費を捻出してきました。
当然、将来の選挙資金についても積み立てていく必要があるため、報酬の全額を活動費に回すことはできません。
以上のことから、この度、個人献金のお願いをさせていただくことになりました。

>個人献金のお願いをするにあたって
 現在の政治活動の主な支出

①永田町・特に議員会館における情報収集、国政とのパイプづくり
交通費:約1万6000円(往復)、宿泊費7000円(1泊)、土産代、現地での雑費代を含めて1回3万円以上かかります。この活動を年に4回行っています。
②福島県内における政治活動
ガソリン代、高速代、資料作成代、議員個人の政策調査費用など
すべて私費(議員報酬)で賄っています。

>献金の主な使途(予定)

まず申し上げておきますが、残念ながら私の交通費・宿泊費に支出することはできません。後援会活動の支援に限定されているためで、議員の交通費・宿泊費がその項目に含まれていないためです。
しかしながら、すべて支給されている議員報酬で活動を賄っているため、物品の購入など、本来正当に経費として処理されるべきものも、全て私費で賄っているのが現状です。
これらの経済的な負荷がなくなれば、さらに私費を活動費に投じることが可能になります。
どちらにせよ活動費については、私費より捻出せねばなりません。
私費から使える枠が増えることを期待してのお願いになります。

・議会レポートの発行
議会レポートは1度発行すると500部 6万円(デザイン費込み)という非常に高額であり、議会レポートを発行することが困難になっています。できれば年4回の議会レポートを作成・発行したいと考えています。

・講演会の開催
講演会を開催するには、会場費用やプロジェクター・スクリーン、資料作成などの費用がかかります。また、東京から講師の先生をお招きした際の講演料も高額です。
政治資金が潤沢になれば、ゲストを招いた講演会の開催を企画したいと考えています。

これまで行ってきた政治活動
・ホームページ・フェイスブック・ツイッターなどを活用した議員活動の情報公開
・須賀川市の地域経済を分析・提言
・自衛隊OBとしての知見を活かした防災・減災に関する政策提言
・福島空港の国際線復活に向けたロビー活動
・翠ヶ丘公園のパークマネジメント
・憲法改正の実現にむけた取り組み・・・などなど
今後も上記の活動を継続すると共に、同様の趣旨に基づき活動の幅を広げていきたいと考えています。
何卒ご理解を頂き、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

※必ずご確認ください

・政治資金規正法により企業や各種団体、政治家の皆様からの寄附は禁止となっております。
・日本国籍を有する方のみ寄附することが可能です、また匿名での寄附は禁止されております。
・一人当たり年間(1月1日から12月31日)合計5万円を超える寄附をいただいた場合、収支報告書に「寄附年月日 金額 氏名 住所 職業」が公開されます、ご了承ください。
・一人当たり年間(1月1日から12月31日)上限金額は150万円です。これを超える寄附をいただくことはできません。
・個人の政治献金に係る課税上の優遇措置ですが、須賀川市議は優遇措置適用に満たしておりません(租税特別措置法第四十一条の十八)ので、受けることができません、ご了承ください。(詳細はお近くの税務署におたずねください)

<関連法規>

第四十一条の十八
個人が、政治資金規正法 の一部を改正する法律の施行の日から平成三十一年十二月三十一日までの期間内に、政治資金規正法第四条第四項に規定する政治活動に関する寄附
をした場合には、当該寄附に係る支出金のうち、次に掲げる団体に対するもので政治資金規正法第十二条又は第十七条の規定による報告書により報告されたもの及び同号イに規定する公職の候補者として公職選挙法第八十六条 、第八十六条の三又は第八十六条の四の規定により届出のあつた者に対し当該公職に係る選挙運動に関してされたもので同法第百八十九条 の規定による報告書により報告されたものは、所得税法第七十八条第二項 に規定する特定寄附金とみなして、同法 の規定を適用する。

一  政治資金規正法第三条第二項 に規定する政党
二  政治資金規正法第五条第一項第二号 に掲げる政治資金団体
三  政治資金規正法第三条第一項第一号 に掲げる団体で、衆議院議員若しくは参議院議員が主宰するもの又はその主要な構成員が衆議院議員若しくは参議院議員であるもの
四  政治資金規正法第三条第一項第二号 に掲げる団体のうち次に掲げるもの
イ 衆議院議員、参議院議員、都道府県の議会の議員、都道府県知事又は地方自治法第二百五十二条の十九第一項の指定都市の議会の議員若しくは市長の職にある者を推薦し、又は支持することを本来の目的とするもの
ロ 特定の公職の候補者又は当該公職の候補者となろうとする者を推薦し、又は支持することを本来の目的とするもの

>渡辺こうへい後援会 規約

第1条 本会は渡辺こうへい後援会と称する。

第2条 本会は事務所を須賀川市内に置く。

第3条 本会は渡辺こうへいの政治活動を支援することを目的とする。

第4条  本会の目的に賛同する者を会員とする。

第5条 本会に次の役員を置く。

会   長 1名 副 会 長 2名
幹事長 1名 事務局長 1名

※役員は総会において承認され任期は1年とする。但し再選は妨げない。
※補欠で選任された者の任期は前任者の残任期間とする。

第6条 本会は顧問を置くことができる。

第7条 本会は年1回総会を開催する。また必要に応じ会議及び研修会を開催する。総会、会議及び研修会は会長の召集により開催する。

第8条 本会の運営に必要な経費は年会費及びその他の収入をもってあてる。

第9条 本会の会計年度は毎年1月1日より12月31日とする。

>銀行振り込み

ご賛同頂けます方は、以下のフォームに必要事項を入力して頂き、送信ボタンをクリックしてください。
以下、後援会会期規則に同意したものとさせて頂きます。
送信後、改めて口座番号等をご連絡差し上げさせていただきます。
手動で行っているため最長で数日のお日にちを頂く場合がございます。


最近メールが届き難くなっております。
可能な限りPCのメールアドレス(Gmailなど)のご利用をお願い致します。

数分経っても当サイトからのメールが届かない場合は迷惑メールフォルダーをご確認ください。
※携帯電話キャリア各社(DoCoMo,au,softbankなど)のメールアドレスをお使いの方は先に
"w-kohei.com"からのメールを受け取れるようドメイン設定をお願い致します。

 


( 職業は「会社員」などではなくお勤め先の業種を、現在お勤めされていない方は「無職」「主婦」など現在の状態をお教えください。)


( [19901234]と西暦で入力 )

 
その他 (コメントなどございましたこちらに記入してください)

私は日本国籍を有しています
 

このサイトはLet’s Encryptにより認証されており
本サイトからの情報送信は暗号化により保護されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:

執筆者: