未分類

自民党立党60周年記念式典に「三木武吉と大野伴睦」あり。

投稿日:

   
 
自民党立党60周年記念式典における安倍晋三総裁は演説の中で、「三木武吉と大野伴睦」の「保守合同」会談について触れていました。 

   
 
「三木武吉は保守合同のためには、鳩山一郎内閣を総辞職させてもいい!と大野伴睦に語りかけた」

安倍総裁は演説の中で、戦後政治史における最も重要な1ページを簡潔に説明されました。
三木武吉と大野伴睦の保守合同に対する強い思いがあったからこそ、自由民主党が結党したことは、既にご承知かと思います。
私は、安倍総裁の演説を聞いて、小説吉田学校(戸川猪佐武 著)の一節を思い出しました。
******************

三木と大野の会談
三木が「伴ちゃん、頼む」と大野に頭を下げる。 
大野は「分かった」と言い三木の手を握る。すると大野は、
「嗚呼、三木の手はこんなに細くなってしまったのか…」 
長年戦ってきた政友の老いと病に、大野は目頭を熱くする。
当時ガンに侵されていた三木武吉の保守合同に対する執念が描かれたシーン。
******************
三木武吉と大野伴睦なくして、戦後政治史はありえません。

私が尊敬する三木武吉と大野伴睦は、まさに天下国家の為に私情を捨てた政治家です。
今日の自民党立党60周年は歴史の1ページであり、日本政治史の1ページです。
その1ページの中に「私もいる」と考えたとき、身の引き締まる思いがありました。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

新盆と政治

毎年、8月13日と14日は新盆の弔問です。 祖母から伝わっている風習としては「須賀川の新盆は、13日夜に集まるのが郡部で、14日朝に集まるのが町内」とのこと。 風習に従い、今日は郊外から弔問、明日は町 …

no image

月刊Hanada7月号「今村復興相失言騒動 被災地を政治利用するのは誰か」

◇月刊Hanada7月号に掲載されました! 5月26日発売の月刊Hanada7月号に私の投稿記事が掲載されました。 タイトルは「今村復興相失言騒動 被災地を政治利用するのは誰か」 内容は、今村復興大臣 …

no image

ウルトラマンモニュメント

須賀川市北町町内に、ウルトラマンモニュメント三体の除幕式が行われました。 今回はウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、ウルトラの母です。 これで、ウルトラマンのモニュメントは12体になりました。 須 …

no image

街頭演説が新聞記事になりました

昨日の自由民主党福島県連青年局の街頭行動が地元紙福島民友の4面記事になりました。 私の演説中の写真が掲載されています。 (…なんで私なのかな(・・?))

no image

須賀川駅前で自衛官募集の広報活動に参加

今朝は須賀川駅前で自衛官募集の広報活動に参加しました。 西日本における災害派遣の現場で、今も活躍する現役隊員のために、自衛官OBとしてしっかりとバックアップしていきます! 隣は、自衛隊福島地方協力本部 …