未分類

罪深き民主党政権下の判断

投稿日:

本日7月8日BSフジ「プライムニュース」にて。
小野寺五典議員

民主党政権下で炉心熔融が隠されていた。
辻元清美議員

枝野官房長官は炉心熔融の可能性があることは発言している。
小野寺五典議員

つまり、当時の枝野官房長官は、原発の炉心熔融を知りながら、防衛省・自衛隊に伝えることなく、ヘリによる上空からの放水となった。

これは問題は非常に根深い。

この辻元発言は根深く、当時の民主党政権下における罪深き内容を物語っています。

→官邸は炉心熔融の可能性があることを知りながら、自衛隊を東京電力福島第一原発に投入させた。

→そもそも、炉心熔融にいたったのは、当時の菅直人首相を代表とする官邸の政治的失敗にある。

→菅直人政権の政治的失敗を隠蔽して、自衛官を命懸けの現場に出動させた。
これでは第二次世界大戦時の失敗と同じではないか!
政治的失敗を現場に尻拭いをさせる。

司令部の場当たり的な対応が、現場に無用な犠牲を強いる。
当時の菅直人首相が無用なパフォーマンスと、無能な判断がなければ、現場の自衛官は被曝する必要はなかったのではないか。
自民党国会議員は、国政の場で徹底的に追及して頂きたい。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

岩沼東部環境センターを視察

須賀川地方保健衛生環境組合議会にて、宮城県岩沼市の「岩沼東部環境センター」を視察しました。 岩沼東部環境センターは、本組合が建設中である新ゴミ処理施設と同じメーカーによって造られています。

no image

防衛省・自衛隊の日報について元自衛官として考えること

市ヶ谷から永田町に移り、議員会館に挨拶回り。 永田町の桜は散って、葉桜になっていました。 国会は防衛省の日報問題で衆議院本会議が空転しています。 本来、自衛隊の日報とは、警備の体制や警備の要領などが書 …

no image

事務所開きが記事になりました

昨日の事務所開きが、地元夕刊紙あぶくま時報、マメタイムスに掲載されました。

no image

ふくしま未来政治塾第一回目は皇学館大学教授の新田均先生

◇ふくしま未来政治塾が開講自由民主党福島県連主催の「ふくしま未来政治塾」が開講しました。 第一回目は皇学館大学教授の新田均先生を講師に迎え「皇室と国の成り立ち」についてご講演を頂きました。 皇室、日本 …

no image

世界防災フォーラムに参加

今日の世界防災フォーラムでの「地区防災計画」をテーマとしたパネルディスカッションは、今後の須賀川市における地域防災の在り方を考えるヒントを得ました。 防災は「自助、共助、公助」と言います。 残念ながら …