未分類

◇「TPP協定の拒否」「安全保障関連法制の廃止」を求める意見書が委員会で可決!?

投稿日:

◇「TPP協定の拒否」「安全保障関連法制の廃止」を求める意見書が委員会で可決!?昨年と同様に、他の議会ではありえない意見書が総務常任委員会で可決されました。

昨日16日の総務常任委員会において、
請願第3号「TPP協定を国会で批准しないことを求める請願」

請願第4号「安全保障関連2法の廃止を求める意見書」

この2件の請願が、賛成多数で、所管委員会の審議を可決で通過してしまったのです!
ありえません。請願団体は3号が「須賀川地方農民連」、4号が「新日本婦人の会須賀川支部」であり、紹介議員は両方とも、日本共産党の丸本議員です。
特に、「安全保障関連2法の廃止を求める意見書」には、以下のような内容が書かれています。

「昨年9月19日に成立した憲法違反の安全保障関連2法のもとで、戦後初めて自衛隊が外国人を殺し、戦死者を出す現実的な危険が高まっている。」

「南スーダンPKOにおける自衛隊の任務が拡大し、武力行使ができるようになる。~中略~自衛隊は、現在は道路建設などを行っているが、安全保障関連法を適用すれば事態は一変し、政府軍とも戦うことになる。ひとたび、自衛隊が少年兵や住民を売ってしまったら取り返しがつかない」

「日本はがアメリカの言うままに軍事支援に乗り出し、テロと戦争の悪循環に加担すれば、日本国民がテロの危険にさらされる恐れが濃厚になる。」

以上が請願趣旨の一部抜粋です。
私は、元航空自衛官としてこの請願内容に“怒り”を抑えることができません!

共産党系の請願団体は、まさに机上の空論です!

もし、安全保障関連法を廃止することになれば、治安が悪化した南スーダンにおいて「宿営地共同防衛」や「駆けつけ警護」が出来なくなります。

しかも、PKOにおける自衛隊の道路建設=安全な作業と勘違いしているようです。停戦監視下の国家におけるPKOは、民間のゼネコンでは危険性が高いため、防衛組織である軍や自衛隊が派遣されていることすら、請願団体は、理解できていません!
なぜこのような請願書が可決されるのかというと、須賀川市議会における議員構成が、「民進党系」の公認、推薦議員が多数存在するということにつきます。

昨年9月議会において、「安全保障関連法案の廃案を求める請願書」が可決された際には、「4つの会派の代表」が提出者及び賛同者として、名を連ねました。

表向きは「無所属」となっていますが、実態は、民進党+共産党+社民党の市議グループが、須賀川市議会において多数を占めています。

今後のスケジュールとしては、9月29日(10時開会)の9月議会最終日において、委員会を通過した請願書の討論・採決が行われます。
是非、最終日に「どの議員がTPPに反対なのか」「どの議員が安全保障関連法に反対なのか」、見に来ていただきたいと切望します!

-未分類

執筆者:

関連記事

◇MANGAナショナル・センター構想と特撮アーカイブセンター参議院議員赤池誠章先生の事務所を伺いました。

◇MANGAナショナル・センター構想と特撮アーカイブセンター参議院議員赤池誠章先生の事務所を伺いました。 赤池参議院議員は自民党クールジャパン戦略推進特命委員会 MANGAナショナル・センター構想PT …

no image

「日米共同方面隊指揮所演習 YAMA-SAKURA 73」を視察研修

陸上自衛隊仙台駐屯地にて実施中の「日米共同方面隊指揮所演習 YAMA-SAKURA 73」を視察研修させて頂きました。 今回のYS-73は、陸上自衛隊最大の指揮所演習であり、海空自衛隊、米陸軍第1軍団 …

福島県議会議員選挙立候補決意表明

福島県議会議員選挙立候補決意表明 私は「日々全力疾走」をモットーに、初当選以降は市内各地を回り様々な意見を頂戴し、議会を通じて政策提言を行ってきました。 また市内・県内だけではなく、全国各地を積極的に …

no image

年賀状について

「政治家は、選挙区内の人に年賀状や暑中・残暑見舞などの時候のあいさつ状を出すことは禁止されています。 ただし、答礼のための自筆によるものは禁止されていません。」 http://senkyo-navi. …

no image

□参議院議員選挙、福島県でも「民共合作」

□参議院議員選挙、福島県でも「民共合作」 ついに、福島県でも「民進+共産+社民」の選挙協力の合意が取り交わされました。 まさに「極端な左側に軸足を移した」と言っても過言ではありません。 一度は政権を担 …