未分類

◇福島県内景気動向調査 ~平成28年度上期現況と平成28年度下期見通し~

投稿日:

◇第69回 福島県内景気動向調査 ~平成28年度上期現況と平成28年度下期見通し~「先行きの景況感は、現況の厳しさがやや和らぐ ものの、下降基調で推移する見通し」

http://fkeizai.in.arena.ne.jp/kikanshi/cyousa

東邦銀行のシンクタンク「とうほう地域総合研究所」の県内景気動向調査がアップされました。
平成28年度上期の景況判断指数は、

「全産業が△22(前期比△20ポイント)、製造業が△21(同△19ポイント)、非製造業が△22(同△21ポイント)となり」、全て前期比マイナスです。  
復興需要の動向と今後の見通しについては、

「約3割の県内企業が現在も復興需要によって好影響を受けているとの結果となった。一方、復興需要によって好影響を受けている県内企業の多くが復興需要 について2年程度での終息を予測している。」とまとめられています。

復興需要の終息の前に、福島県の経済を牽引する「新たな需要」が求められています。
雇用に関しては、

「全体的に人手不足が続くなか、製造業・非製造業ともに正社員を中心に雇用人員獲得への積極姿勢が伺える」と書かれています。
私の見解としては、「雇用の量から雇用の質」が課題であると考えています。

福島県の一人当たりの平均賃金は全国平均より低く、反対に労働時間は全国平均より長いという福島県のデータがあります。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11045b/15870.html

この状況を改善せずに、低い賃金のまま正社員を募集しても、集まらないと感じています。
求職の折り込み広告を見ても、正社員で月給15〜16万円という求人は多々あり、 「これなら、都内でバイトしたほうがいい」という状況です。
つまり、福島県内は「人手不足」だが、「一人当たりの平均賃金は全国平均以下」である。

さらに、「景況判断指数は全産業で前期比マイナス」であり、福島県内の景気は下降基調で推移していくと推測できます。
復興需要から新たな需要への転換が必要です。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

TPPが地方行政に与える影響について調査

        会派として永田町に出向き、「TPPが地方に与える影響」について調査を行いました。 内閣官房TPP対策室、農林水産省、経済産業 …

no image

今日は議会広報委員会

本日午前中は議会広報委員会です。市議会だより第56号のレイアウトや記事を審議します。 市議会だよりとは、私達市議会議員が、議会において審議、議論、採決をした内容を、市民の皆様に報告するものです。 若い …

no image

西川神炊館神社秋祭り

今日は西川神炊館神社の秋祭りです。来賓兼スタッフとして、私もお祭りのお手伝いをしています。 良い天気です。日本晴れですね(^^) 関連

須賀川市自主防災組織リーダー講習会にて「さすけなぶる」講習会

須賀川市自主防災組織リーダー講習会に参加しました。講師は福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 天野和彦准教授です。 なぜ私が参加しているのかというと、実はこの講習会の実現に向けて、関わっているか …

no image

第一回コーヒーdeサロン

第一回の「コーヒーdeサロン」が終了しました!ご参加頂いた皆さん、誠にありがとうございます。 私を含めて7名での意見交換は有意義な時間を過ごせました。 特に「18歳選挙権」「政治と若者」「市議会と市民 …