未分類

中国海軍の空母遼寧が第一列島線を突破

投稿日:

◇中国海軍が第一列島線を突破した意味
昨年の12月25日に中国海軍の空母遼寧を中心とする艦隊が、我が国の宮古海峡を通過し、第一列島線を突破しました。


遼寧が宮古海峡を通過したのは宮古島北東約110キロの海域で、太平洋に向けて南東方向に航行。

ルーンヤンIII級ミサイル駆逐艦、ジャンカイII級フリゲート艦など5隻とともに艦隊を組んでいたと報じられています。
この事件がどれだけ重要な意味を持つのか、それを理解するには、トランプ大統領の政策顧問であるピーターナヴァロの「米中もし戦わば」を読む必要があります。
中国の国民的英雄である劉華清提督。

中国海軍の父と呼ばれ、1974年に中国が西沙諸島を奪取した際に、ベトナム兵の虐殺を命じた司令官です。
劉はアルフレッド・マハンの「シーパワー論」の中国版を提唱しました。

それが第一列島線と第二列島線の突破です。
その劉華清の目標は「2020年までに第二列島線を突破する」ということでした。

そして、劉の最後の目標は「2050年までに世界的な制海権を獲得する」という野心的な目標です。

劉がこの目標を提起したのは、1980年代の鄧小平の時代です。
2016年12月25日に中国は第一列島線を突破しました!

2020年までに、中国は今まで以上の海洋進出を続けてくるのは間違いありません。
そのスタートが、今日の中国海警による領海侵犯である私は見ています。
◆尖閣諸島沖 中国海警局の3隻が領海侵入 | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170122/k10010848531000.html
詳しい内容はナヴァロの「米中もし戦わば」を読んでいただきたいと思います。


我々は、日本は、「中国の覇権主義」の最前線にいることを自覚する必要があります。
まさに『今、そこにある危機』です。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

石川製作所、小松製作所を視察

全国武の会の研修会では、石川県内の防衛産業2社(石川製作所、小松製作所)を視察しました。 防衛産業というと、一部マスコミの偏った報道によって、「巨大な軍産複合体」という悪いイメージを持つ人たちがいます …

no image

一年がかりで、案件を解決!

須賀川市八幡山の倒れかかっていたアカシヤの木を、一年かけてようやく伐採することが出来ました。伐採された内部の断面を見ると、シロアリに食われてボロボロになっています。 伐採した業者が「よく倒れずにここま …

須賀川市の地域経済分析

「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」に「地域経済循環図」が搭載されました。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/ 自治体名を選択する …

no image

本日の議員活動

皆様、三連休を楽しんでますか? 私はもちろん議員活動の真っ只中です! (三連休、何それ?美味しいの?(・ω・)?? ) 本日は、須賀川市長選挙の出陣式→打ち合わせ→西川神炊館神社のきうり天王祭準備→須 …

予算常任委員会終了

予算常任委員会が終了しました!三日間の審査で、知恵熱と頭から煙がw さて、須賀川市の平成29年度予算で、私から質問した内容で気になる事業を一つご紹介します。 須賀川市が市のイメージアップとして進めてい …