未分類

中国海軍の空母遼寧が第一列島線を突破

投稿日:

◇中国海軍が第一列島線を突破した意味
昨年の12月25日に中国海軍の空母遼寧を中心とする艦隊が、我が国の宮古海峡を通過し、第一列島線を突破しました。


遼寧が宮古海峡を通過したのは宮古島北東約110キロの海域で、太平洋に向けて南東方向に航行。

ルーンヤンIII級ミサイル駆逐艦、ジャンカイII級フリゲート艦など5隻とともに艦隊を組んでいたと報じられています。
この事件がどれだけ重要な意味を持つのか、それを理解するには、トランプ大統領の政策顧問であるピーターナヴァロの「米中もし戦わば」を読む必要があります。
中国の国民的英雄である劉華清提督。

中国海軍の父と呼ばれ、1974年に中国が西沙諸島を奪取した際に、ベトナム兵の虐殺を命じた司令官です。
劉はアルフレッド・マハンの「シーパワー論」の中国版を提唱しました。

それが第一列島線と第二列島線の突破です。
その劉華清の目標は「2020年までに第二列島線を突破する」ということでした。

そして、劉の最後の目標は「2050年までに世界的な制海権を獲得する」という野心的な目標です。

劉がこの目標を提起したのは、1980年代の鄧小平の時代です。
2016年12月25日に中国は第一列島線を突破しました!

2020年までに、中国は今まで以上の海洋進出を続けてくるのは間違いありません。
そのスタートが、今日の中国海警による領海侵犯である私は見ています。
◆尖閣諸島沖 中国海警局の3隻が領海侵入 | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170122/k10010848531000.html
詳しい内容はナヴァロの「米中もし戦わば」を読んでいただきたいと思います。


我々は、日本は、「中国の覇権主義」の最前線にいることを自覚する必要があります。
まさに『今、そこにある危機』です。

-未分類

執筆者:

関連記事

今村復興大臣記者会見の事実関係確認

今村復興大臣とフリージャーナリスト西中誠一郎とのやりとりが、かなりの争点となっています。 まずは、事実関係を整理すべきです。 ※長文で大変恐縮です。 ◇1 自主避難者とは 明確な定義はありません。今回 …

須賀川市新庁舎落成式

no image

政治と死、憲法改正に命をかける演説

「日本国の憲法を改正するために命をかけることが青嵐会の魂であります」 「我々がもし仮に31人、力を合わせて日本のために死ぬことができたら」 https://youtu.be/GWsju1kwJM0 Y …

予算委員会が始まりました

平成28年度における須賀川市の予算審議が始まりました。 歳入面では、市民税(個人)は31億4170万円で対前年比4040万円の増加です。 これは震災復興需要による所得向上が要因として考えられます。 し …

no image

「国を守る力とはなにか」をテーマに自衛隊と憲法について講和をしました

昨日は、須賀川モラロジー事務所にて「国を守る力とはなにか」をテーマに自衛隊と憲法について40分の講話をさせて頂きました。 航空自衛隊時代の経験と、憲法改正の必要性について、話をしています。 「自分の家 …