未分類

◇須賀川市内の東西循環バスに実地調査

投稿日:

須賀川市内を走る東西循環バスの状況を確認すべく、実際に乗って調査しました。
コースは、西循環バスで文化センターをスタート→八幡町で東循環バスに乗り換え→南上野団地下車→春日リハビリテーション病院でゴール(約1時間)


コースの特徴は公共施設から、医療施設を目指します。また、一度乗り換えを入れています。
実際に乗って気がついたことは以下の通り。

⑴バス停の時刻表が小さい


⑵バス乗り継ぎが分かりにくい

⑶利用客は高齢者が多いが、主婦層や学生もいる

⑷やはり便数が少ないので、柔軟な乗り継ぎができない

⑸そして何より「自家用車を運転しないと生活できない」と再認識
帰りはタクシーを使いましたが、春日リハビリ病院から文化センターまで1730円かかりました(循環バスは一回100円です)
いくら「高齢者ドライバーに免許を返納してください」と行政が伝えても、現状の公共バスの利便性では、免許の返納は難しいと思います。
地域の高齢化により、循環バスなどの公共交通機関の役割は増えて来ます。

しかし、そう簡単にはいきません。

財源が大きな課題になります。
基礎自治体として、公共交通機関に多額の予算をつけるには独自財源では厳しく、国の補助金に頼る状況です。
これは考え方ですが、須賀川市として、独自財源として公共交通機関を整備することは、高齢化社会における「先行投資」であり、必要なインフラ整備だと思います。

この点については、市債を発行しても、市民の理解は得られるのではないか、とも考えられます
自動運転技術の量産化を待つというのも、一つの手かもしれませんが、超高齢社会の方が早いかもしれません。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

ワークショップまつり

今朝は「NPO法人ワークショップすかがわ」主催の「ワークショップまつり」に来賓として参加しました。 今年の福島県社会福祉大会にてワークショップすかがわ理事の本田和正先生が「瓜生岩子賞」を受賞されました …

no image

第34回円谷幸吉メモリアルマラソンを完走!

第34回円谷幸吉メモリアルマラソン大会ハーフマラソンの部 完走しました! 正式なタイムは後日郵送されますが、ランニングアプリの記録では、タイムは「2時間8分41秒」、距離は「21.41キロメール」です …

▽小さなメガフォンとのぼり旗一つ

▽小さなメガフォンとのぼり旗一つ 初めて「自民党」の旗を掲げて街頭演説をしました。 小さなメガフォンとのぼり旗一つだけ。 自民党本部が持つ「あさかぜ号」に比べると、非常に弱い装備です。 でも、今回の参 …

no image

月刊WILL3月号「告発キャンペーン第二弾!パワハラによる『赤旗』押し売りの陰湿」名前が掲載されました

フリージャーナリスト鴨野守氏から取材を受け、今月発売の月刊WILL3月号に内容が掲載されました。 タイトルは「告発キャンペーン第二弾!パワハラによる『赤旗』押し売りの陰湿」 サブタイトルは「購読を断っ …

また韓国が…

チェジュ航空の福島チャーター便、乗務員の乗務拒否続出 韓国メディア報道 http://www.traicy.com/20170214-7Cfukushima 震災から6年が経過しますが…韓国では福島県 …