未分類

須賀川市特撮アーカイブセンターと自民党MANGAナショナルセンター構想PT

投稿日:

◇MANGAの拠点整備を アニメと共に特撮も 世界は仏韓が先行
http://lite.blogos.com/article/216806/

自民党クールジャパン戦力推進特命委員会~MANGAナショナル・センター構想PTについて、赤池誠章議員が詳細をアップされております。実はこのPTに須賀川市が事業化を進めている「特撮アーカイブセンター」も関係しています。
このPTではマンガ・アニメのアーカイブス等について、有識者ヒアリングを行っており、これまでアニメ・特撮技術・文化の継承と保存を訴えてきた庵野秀明氏(アニメ特撮アーカイブ機構代表)、吉村和真氏(京都国際マンガミュージアム 国際マンガ研究センター長)両名からヒアリングを行っています。
須賀川市は2015年4月に特撮資料の保存に関する連携を開始しています。

さらに、特撮アーカイブセンター設立準備協力も行っています。
では、このマンガ・アニメ・特撮がどのようになっていくのか。

その動きが分かるのが、このPTが進めている「MANGAナショナルセンター」設立という構想です。
東京にマンガ・アニメ・特撮の拠点を整備するだけではなく、京都国際マンガミュージアム、京都精華大学国際マンガ研究センターとの連携・強化を図り、さらに国内のアーカイブとの連携、国際的なネットワークの構築を図っていく狙いがあります。
今回、赤池先生が明確に中身を公開したので、私もこのタイミングに書かせていただきました。
この件は、様々な関係者がかかわっているため、非常に情報管理が徹底しています。そのため、私もまだまだ分からない点は多々あります。
しかし、間違いなく言えることは、「特撮アーカイブセンター」は、日本中を探しても、どこにもありません。世界中を探してもどこにもないのです。
非常に「ワクワク」する事業が須賀川市では進んでいます。

-未分類

執筆者:

関連記事

田善顕彰版画展に

田善顕彰版画展に来ています。須賀川市内の小中学校版画展です。 この「田善」とは、江戸時代に須賀川に生まれた銅版画家の「亜欧堂田善(あおうどう でんぜん)」です。 須賀川市のHPに田善の説明がありますの …

no image

12月議会が始まりました

須賀川市議会12月議会が始まりました。 初日は市長の施政方針から始まり、次に当局から議案20件の説明です。 また補正予算6億4732万5000円が議案として提出されています。 一般質問は12月8日、9 …

no image

新盆回りから見えてくる、地域の風習

8月13日、14日は新盆回りでした。 須賀川市内は13日午後から新盆回りがスタートしますが、旧市内(町内)は14日午前中が新盆回りの訪問時期です。 公職選挙法上、政治家は新盆先でお金を包み、お供えする …

予算委員会が始まりました

平成28年度における須賀川市の予算審議が始まりました。 歳入面では、市民税(個人)は31億4170万円で対前年比4040万円の増加です。 これは震災復興需要による所得向上が要因として考えられます。 し …

no image

自由民主党憲法改正推進本部の9条改正案を解説します

テレビや新聞及び雑誌では、森友騒動しか取り上げられていませんが、自由民主党では憲法改正推進本部が6度目の会議にて、ついに多くの議員が賛同した9条改正案を練り上げました。 以下宇都隆史参議院議員のタイム …