未分類

須賀川後藤新平の会第4回通常総会

投稿日:

昨日は須賀川後藤新平の会通常総会
「なぜ後藤新平と須賀川?」と疑問に思われた方がいるかもしれないので、説明します。
後藤新平は明治7年、17歳で、須賀川医学校(現公立岩瀬病院)にて、医学を学びました。

家が貧しかったため、いつも着る物は破れ目を紙よりでとじ合せ、「ちんばの下駄」というみずぼらしいものでした。

そんな新平を街の人達は、「下駄はチンバで着物はボロよ心錦の書生さん」とはやしたそうです。

ところが、身成は悪くても、新平の美男子ぶりは校内で評判でした。

http://www.city.oshu.iwate.jp/shinpei/story/04.html

須賀川市にとって、ゆかりのある偉人であり、須賀川後藤新平の会では、出身地である岩手県水沢市との交流を深めています。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

平成29年須賀川市戦没者追悼式〜遺書には「陛下の赤子として出征する覚悟」〜

平成29年須賀川市戦没者追悼式 須賀川市遺族代表として登壇された佐久間健さんの追悼の言葉に涙が止まりませんでしたので、紹介します。 佐久間さんの父上様は、昭和19年に召集がかかり、戦地に出征しました。 …

2月28日

no image

今日の街頭演説

須賀川駅前で街頭演説を行いました。内容は、「次の震災に備えるために、須賀川として何をしなければいけないのか」 「陸上自衛隊郡山駐屯地と須賀川市の連携の強化」について演説を行いました。 最後に、夏の参議 …

地方議員の目~小坪慎也議員が訴える国民保護の現実~

昨日から今日まで、埼玉県深谷市の行政視察を終えて、須賀川市に帰ってきました。 今回は視察のバス移動中に読んだ「月刊正論12月号」に掲載されている「国民保護トホホな現実 福岡県行橋市のケース・スタディ」 …

須賀川時局講演会 評論家江崎道朗先生「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」

昨日の「須賀川時局講演会:マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」盛会にて終了しました! 講師の江崎道朗先生には、トランプ政権に関する最新の情報をご講演頂きました。 これが「マスコミのフィルターを通さな …