未分類

北朝鮮による日本人拉致問題について街頭演説

投稿日:

◇自民党福島県連青年局主催の街頭演説会inいわき市(会場はいわき市勿来のスーパーマルト駐車場)テーマは「北朝鮮による拉致問題」です。


以下の内容の演説を行いましたのでご一読下さい。
私は須賀川市議会議員の渡辺康平です。

本日は北朝鮮による日本人拉致問題について、街頭演説に参りました。

なぜ、須賀川の市議会議員が、いわきに来て街頭演説をするのかというと、私は議員になる前から拉致問題に関わって来たからです。
今年は横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されて40年が経ちます。

2002年の小泉訪朝、拉致被害者5人の帰国から、15年が経ちました。

時間の経過と共に、年々拉致問題に対する世論の関心が薄れてきています。 


皆様、もう一度再認識してください。

拉致は北朝鮮による国家犯罪です。

何の罪もない他国の一般市民を、突然連れ去り、自国の諜報活動に利用する、そんな国は北朝鮮しかいません。

日本が本当の意味の「独立国家」であるならば、力を行使してでも、拉致被害者を奪還しなければいけない、しかし、それができない。

同胞が拉致されているにも関わらず、憲法の制約で「力による奪還・救出」できない、そんな国家は、残念ながら日本だけです。
しかし、諦めるわけにはいきません。

私たち自民党は拉致問題に対する大きな責任があります。

自民党本部でも拉致問題解決に向けた議論が部会や議連で、行われています。
拉致問題解決にむけて、一番大事なことはなにか、それは「国民世論の力」です。

皆様思い出して下さい。2002年の小泉訪朝後の拉致被害者の5人の帰国は当初「一時帰国」でした。その一時帰国を完全な帰国としたのは、国民世論の力です。
「拉致を許さない!拉致被害者を奪還する!」

世論の力が5人の帰国を実現しました。

世論の力こそ、北朝鮮が最も恐る力です。
特に、今私が胸につけているブルーリボンバッジは、北朝鮮に対して「拉致を忘れないぞ」という意味が込められています。

このブルーリボンの青色は、日本と北朝鮮をつなぐ海と空の色です。

ブルーリボンバッジは「救う会」のwebサイトから購入できます。

多くの皆様に、ブルーリボンをつけていただき、拉致問題についてもう一度、国民世論の力を喚起していきましょう。それが拉致問題解決に向けての大きな一歩なのです。

拉致被害者奪還まで、私たちは活動を続けます。

-未分類

執筆者:

関連記事

北朝鮮ミサイル危機における地方自治体の国民保護体制について

 4月21日、菅義偉官房長官は、記者会見において、北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に落下した場合、すべての国民が身を守るために取るべき行動を取りまとめ、内閣官房ホームページにある「国民保護ポータ …

投票に行こう!

7月10日は参議院議員選挙投票日です。あなたの一票が、日本の未来を決めます。 決して大げさな表現ではありません。 一票、一票が積み重なり、選挙戦の勝敗が決まります。 もしかすると、数票差で当落が決まる …

no image

須賀川市議会平成30年6月定例会が始まりました

本日から須賀川市議会平成30年6月定例会が始まりました。6月21日までの会期です。 ちなみに、須賀川市議会の議場は、市役所4階に位置します。外からみると黒い部分が議場エリアです。 4階と3階の間に位置 …

no image

山野草と菊花大会

渋谷はハロウィン一色ですが、警視庁機動隊の隊員の皆さんの苦労を察してほしい(−_−;)機動隊の皆さん本当にお疲れ様です。 そんな私はというと、今日も午前午後ともに、政治活動一色ですσ^_^; 明日は、 …

no image

アジア議員フォーラム&台湾研修報告会のお知らせ

8月25日から28日まで台湾にて行われたアジア議員フォーラムの報告会を開催します! 報告会の内容は ① アジア議員フォーラムでの活動について ② 台湾の政治情勢について ③ 台湾の歴史とアイデンティテ …