未分類

8月7日(月) 櫻井よしこ氏のプライムニュースの発言に感銘を受けて

投稿日:

今日のプライムニュースでは、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、萩生田光一衆議院議員をゲストに招き、改造内閣、憲法改正、北朝鮮対応などについて議論が行われました。

http://www.bsfuji.tv/primenews/schedule/index.html#MonBox

・・・が!今回は、櫻井よしこ氏が「メディアの偏向報道」に対する「率直な怒り」を吐露されました。私が説明するよりも、まずはツイッター上にアップされた動画を見た方が早いと思います。

 

 

「まさにその通り!」とテレビの液晶の前で拍手をした人たちが、私を含めて沢山いたのは間違いありません。

しかし、それだけではなく、「あの冷静沈着な櫻井よしこさんが、ここまでメディア批判をすることは異例だ」と感じた人はどれだけいるでしょうか。

「メディアが日本国の運命を決めるぐらい影響力を持っている」

「今の日本のテレビ、とりわけテレビは先進国のメディアの資格を失っている」

「この世論調査に導くまでの報道がものすごく偏っている」

ここまで、メディア出身の櫻井氏がメディア批判を展開するほど、今のテレビ・新聞を中心とした「MSM=メインストリームメディア」は異常な状態にあるのです。

 

特に櫻井氏が紹介していた「放送法順守を求める視聴者の会」が加計学園問題で「テレビが閉会中審査をどのように報じたのか」というグラフについては、是非多くの方々に見ていただきたいと強く思います。

http://housouhou.com/2017/08/06/1666/

 

加計問題報道全体の時間8時間4559秒の内

前川喜平「行政が歪められた」2時間3346

加戸守行「歪められた行政が正された」61

原英史「規制改革のプロセスに一点の曇りもない」235

 

櫻井氏がおっしゃる通り、このような変更報道では、どの政権でも支持率は下がります。

もし、メディアが国民を誘導し、メディアが総理の支持率を左右し、メディアが世論を作るのであれば、日本の民主主義は間違いなく「危機」です。

櫻井よしこ氏はこの状況を「悲劇」と表現しています。

 

今、私たちは「悲劇」と「危機」の時代に生きています。

番組の後半で櫻井氏は「大激動の時代」と表現しました。

この大激動の時代に、メディアに騙されず、操られないようにするためにはどうするべきなのか。

誰もが、真剣に考える時代が、今ここに来ています。

 

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

福島大学にて行政調査

会派活動の報告須賀川市議会会派 創政会は、今月12日、福島大学に新設される農学類について、行政調査として福島大学を訪問しました。 今回の訪問は、新設される農学類の学部に関する内容及び情報収集として、直 …

no image

武の会による朝霞駐屯研修

本日は、全国自衛隊出身議員の有志会「武の会」による朝霞駐屯地研修に参加しました。 陸上自衛隊の駐屯地での研修なので「戦車」「大砲」の研修かと思われるかもしれません。残念ながら戦車も大砲も出て来ません。 …

慰霊の日を踏みにじる中核派

東日本大震災と東京電力原発事故以降、毎年3月11日になると、非常に迷惑な「あの連中」が福島県に入りでデモを行います。今年も「反原発福島行動」と称して、郡山市内をシュプレヒコールを叫びながら、デモ行進を …

no image

大和ミュージアムから学ぶミュージアムの運営

呉市では、大和ミュージアムについて視察しました。なぜ大和ミュージアムかというと、須賀川市では円谷英二監督のミュージアムを、市民交流センター内に設置する予定になっています。 そこで、「開館10年で入場者 …

no image

新盆回りから見えてくる、地域の風習

8月13日、14日は新盆回りでした。 須賀川市内は13日午後から新盆回りがスタートしますが、旧市内(町内)は14日午前中が新盆回りの訪問時期です。 公職選挙法上、政治家は新盆先でお金を包み、お供えする …