未分類

8月7日(月) 櫻井よしこ氏のプライムニュースの発言に感銘を受けて

投稿日:

今日のプライムニュースでは、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、萩生田光一衆議院議員をゲストに招き、改造内閣、憲法改正、北朝鮮対応などについて議論が行われました。

http://www.bsfuji.tv/primenews/schedule/index.html#MonBox

・・・が!今回は、櫻井よしこ氏が「メディアの偏向報道」に対する「率直な怒り」を吐露されました。私が説明するよりも、まずはツイッター上にアップされた動画を見た方が早いと思います。

 

 

「まさにその通り!」とテレビの液晶の前で拍手をした人たちが、私を含めて沢山いたのは間違いありません。

しかし、それだけではなく、「あの冷静沈着な櫻井よしこさんが、ここまでメディア批判をすることは異例だ」と感じた人はどれだけいるでしょうか。

「メディアが日本国の運命を決めるぐらい影響力を持っている」

「今の日本のテレビ、とりわけテレビは先進国のメディアの資格を失っている」

「この世論調査に導くまでの報道がものすごく偏っている」

ここまで、メディア出身の櫻井氏がメディア批判を展開するほど、今のテレビ・新聞を中心とした「MSM=メインストリームメディア」は異常な状態にあるのです。

 

特に櫻井氏が紹介していた「放送法順守を求める視聴者の会」が加計学園問題で「テレビが閉会中審査をどのように報じたのか」というグラフについては、是非多くの方々に見ていただきたいと強く思います。

http://housouhou.com/2017/08/06/1666/

 

加計問題報道全体の時間8時間4559秒の内

前川喜平「行政が歪められた」2時間3346

加戸守行「歪められた行政が正された」61

原英史「規制改革のプロセスに一点の曇りもない」235

 

櫻井氏がおっしゃる通り、このような変更報道では、どの政権でも支持率は下がります。

もし、メディアが国民を誘導し、メディアが総理の支持率を左右し、メディアが世論を作るのであれば、日本の民主主義は間違いなく「危機」です。

櫻井よしこ氏はこの状況を「悲劇」と表現しています。

 

今、私たちは「悲劇」と「危機」の時代に生きています。

番組の後半で櫻井氏は「大激動の時代」と表現しました。

この大激動の時代に、メディアに騙されず、操られないようにするためにはどうするべきなのか。

誰もが、真剣に考える時代が、今ここに来ています。

 

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

「地域包括ケアシステム」における「訪問看護師」の現状と課題について

本日は6月議会一般質問に向けた調査のため、福島県看護連盟を伺いました。 福島県看護連盟の本内敦子会長から「地域包括ケアシステム」における「訪問看護師」について、現状と課題についてお話をいただきました。 …

no image

自衛隊福島地方協力本部の広報活動

おはようございます! 今朝は7時から須賀川駅前で自衛隊福島地方協力本部の広報活動に参加しています。 人口減、少子高齢化、雇用の改善により、自衛官の採用数が厳しくなっています。 「自分の国は自分たちで守 …

no image

◇ 演説妨害は許されない言論封鎖

最近の安倍総理に対する悪質な演説妨害については、報道やネットのまとめサイトで皆さんご存じかと思います。 明日から衆議院選挙告示日です。選挙期間中における演説妨害は、公職選挙法第225条違反です。 都議 …

ベストにはならないかもしれませんが、ベターを目指して

今朝は新栄町町内会長と共に「一時停止の標識の設置」について、須賀川警察署交通課に相談。 うーむ…最近は一時停止の標識の設置は、なかなか難しいようです。 まずは、町内会長と交通課で現場を確認して、より良 …

何をもって「保守」というのか?~月刊正論12月号対談「現代の保守に求められるもの」から学ぶ「保守」について~

今回のテーマは「保守」です。 「保守派」「保守主義」という言葉は、自称・他称、様々な場面で使われています。 世間で言われているいわゆる「保守」とは、「自らの政治的立場を明確化する」ために使用する、また …