未分類

8月7日(月) 櫻井よしこ氏のプライムニュースの発言に感銘を受けて

投稿日:

今日のプライムニュースでは、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、萩生田光一衆議院議員をゲストに招き、改造内閣、憲法改正、北朝鮮対応などについて議論が行われました。

http://www.bsfuji.tv/primenews/schedule/index.html#MonBox

・・・が!今回は、櫻井よしこ氏が「メディアの偏向報道」に対する「率直な怒り」を吐露されました。私が説明するよりも、まずはツイッター上にアップされた動画を見た方が早いと思います。

 

 

「まさにその通り!」とテレビの液晶の前で拍手をした人たちが、私を含めて沢山いたのは間違いありません。

しかし、それだけではなく、「あの冷静沈着な櫻井よしこさんが、ここまでメディア批判をすることは異例だ」と感じた人はどれだけいるでしょうか。

「メディアが日本国の運命を決めるぐらい影響力を持っている」

「今の日本のテレビ、とりわけテレビは先進国のメディアの資格を失っている」

「この世論調査に導くまでの報道がものすごく偏っている」

ここまで、メディア出身の櫻井氏がメディア批判を展開するほど、今のテレビ・新聞を中心とした「MSM=メインストリームメディア」は異常な状態にあるのです。

 

特に櫻井氏が紹介していた「放送法順守を求める視聴者の会」が加計学園問題で「テレビが閉会中審査をどのように報じたのか」というグラフについては、是非多くの方々に見ていただきたいと強く思います。

http://housouhou.com/2017/08/06/1666/

 

加計問題報道全体の時間8時間4559秒の内

前川喜平「行政が歪められた」2時間3346

加戸守行「歪められた行政が正された」61

原英史「規制改革のプロセスに一点の曇りもない」235

 

櫻井氏がおっしゃる通り、このような変更報道では、どの政権でも支持率は下がります。

もし、メディアが国民を誘導し、メディアが総理の支持率を左右し、メディアが世論を作るのであれば、日本の民主主義は間違いなく「危機」です。

櫻井よしこ氏はこの状況を「悲劇」と表現しています。

 

今、私たちは「悲劇」と「危機」の時代に生きています。

番組の後半で櫻井氏は「大激動の時代」と表現しました。

この大激動の時代に、メディアに騙されず、操られないようにするためにはどうするべきなのか。

誰もが、真剣に考える時代が、今ここに来ています。

 

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

議会終了後の活動

3月議会が終了後、市議会議員は地元のイベントや総会への出席が増えてきます。 4月は各種総会のシーズンです。昨日は隊友会岩瀬支部の総会に参加、本日は西川地区の総会に出席しています。 お酒の席が増えそうで …

no image

須賀川後藤新平の会第4回通常総会

昨日は須賀川後藤新平の会通常総会 「なぜ後藤新平と須賀川?」と疑問に思われた方がいるかもしれないので、説明します。 後藤新平は明治7年、17歳で、須賀川医学校(現公立岩瀬病院)にて、医学を学びました。 …

◇「第一回翠ヶ丘公園利活用促進プロジェクト」スタート!

◇「第一回翠ヶ丘公園利活用促進プロジェクト」本日10時から15時まで、翠ヶ丘公園内わんぱく広場にて新しいプロジェクトが始まりました。 須賀川市都市整備課主催のプロジェクト「第一回翠ヶ丘公園利活用促進プ …

創政会だより2号

◇「創政会だより2号」を発行! 私が所属する会派「創政会」の会派だより2号を発行しました。須賀川市内には明日の新聞折り込みチラシに入ります。 表面は、昨年の会派活動、裏面は所属議員の所感です。 以下、 …

no image

メルマガを更新しました!

有料メルマガを更新しました! 今回は「北海道5区補選」をテーマに独自の視点から、色々書きました。 我ながら、非常に面白い分析だと思います! ※お知らせ この度、有料メルマガの『バックナンバーサイト』を …