未分類

台湾にて学んだ「熱意」の違い

投稿日:

無事に羽田空港到着しました。

本日の台湾研修最終日は台湾総統府を訪問して、政府要人との意見交換を行いました。

今回のアジア議員フォーラム&台湾研修は非常に意義のある研修でした。

特に「福島空港と台湾国内の空港を結ぶ定期路線就航」については、「福島県が台湾に対して熱意を持って対応出来るのか」という課題を突きつけられたと思います。

現在、台湾から日本に来日する観光客は約400万人です。しかし、日本から台湾に向かう観光客は約200万人でちょうど半分。

台湾の人口は2300万人であり、日本は1億人の人口にも関わらず、両国を訪問する観光客には200万人の差があるのです。
これでは、空港に新たな定期路線を就航しても、台湾側としてはメリットがありません。

台湾が100人の観光客を送り込めば、日本も100人の観光客を台湾に送る、つまり「50対50」の対等な関係を築くことが必要です。
台湾は日本との交流を深めることに対して、真剣に熱意を持って取り組んでいます。私たち日本側が「台湾の熱意に応えること」が最も重要なのだと感じました。
日本国内の地方空港と、台湾との新たな定期路線の就航を取り組むのは、福島だけではありません。ある自治体は台湾の自治体と姉妹都市提携を組み、将来は空港定期路線の就航を目指すという動きもあります。「本気の自治体の熱意」は間違いなく物事を動かします。
「熱意があるか」「リーダーは本気なのか」

それが、福島空港と台湾との関係を築く最も重要な鍵だということは、間違いありません。

-未分類

執筆者:

関連記事

令和3年新年ご挨拶

明けましておめでとうございます。皆様におかれましては、輝かしい新春をお迎えになられたことと心よりお慶び申し上げます。また元日においても、新型コロナウイルス感染症対策の最前線で闘っておられる医師や看護師 …

小坪慎也行橋市議会議員と面談!

昨日は、「日本で一番有名な市議会議員」である、小坪慎也行橋市議会議員と面談。 実際に小坪議員にお会いして感じたことは、「物腰の柔らかい方」という印象です。 しかし、議会の内外で、丁々発止の議論を繰り広 …

no image

第38回福島県ろうあ者福祉大会

耳の日記念 第38回福島県ろうあ者福祉大会に来賓として出席しました。 福島県内に7700余命と推定される聴覚言語障害者の福祉向上を図ると共に、社会参加の資質を養うための大会です。 大会決議には『「福島 …

6月議会に向けた政調会

5月28日木曜日、6月議会に向けた政調会が開催され、各部局長による説明が行われました。全体的には、国の2次補正予算待ちという段階だと思います。やはり、政調会の注目は新型コロナウイルス対策です。保健福祉 …

no image

選挙戦3日目が終わりました

選挙戦3日目 福島県議会議員選挙 3日目午前中は天栄村湯本地区から天栄村内を遊説しています。 街頭演説では、小山克彦天栄村議会議員の応援を頂きました! 演説では、鳳坂トンネルの早期完了と県道白河羽鳥線 …