未分類

ミサイル発射以降の情報収集の必要性

投稿日:

和田政宗議員の投稿をシェアします。https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=694831917367563&id=100005222824734

北朝鮮のミサイルが発射から領域通過の時間は以下の通りです。

「5時58分に発射、6時2分にJアラート、6時6分に通過」

「発射から探知までは約3分、Jアラートで伝達に1分~1分30秒。回避行動を取れる時間(日本到達まで)2分~3分」
私たち一般市民が最も重要なことは「身を守る」こと、回避行動です。回避行動の時間はJアラート伝達から2〜3分、その間に出来る限りの回避行動を取る必要があります。

東京都内であれば、地下鉄の駅構内に隠れる、地下が周辺になければ、「窓の無い部屋にて伏せる」または「カーテンを閉めて、出来る限り光を浴びないようにする」ことが重要です。熱線と閃光を浴びると死傷率は高くなります。
今日のミサイル発射以降、ネット上では「Jアラートは無意味だ」「ミサイルから避難は出来ない」といった非常に残念な書き込みが目立ちます。特に「核戦争になれば終わる」といった終末思想を煽るかのような書き込みも、見つけました。浮き足立つことなく、まずは冷静に考えてみましょう。終末思想やJアラート不要論を騒ぐ人たちの情報は無視しても構いません。
こうした危機の場合は情報が重要です。私の情報収集は、政府の発表はもちろん、佐藤正久外務副大臣や和田政宗参議院議員のように、政府・与党の議員の発信する情報を集めています。
正確な情報をどんどんシェアしていきます。よろしくお願い致します。

-未分類

執筆者:

関連記事

議会活動報告第1号

今年最初の議会活動報告が完成! 表面に昨年9月、11月の本会議における一般質問を掲載 裏面には「議会活動から見えてきた須賀川市の未来」という見出しで、須賀川市の人口ビジョン、須賀川市の強み、福島空港の …

no image

ニッポン放送飯田浩司アナウンサーとお会いしました

昨日の陸上自衛隊郡山駐屯地創立65周年記念行事にて、右から小生、牧野雄三司令、ニッポン放送飯田浩司アナウンサー、2大隊長。 飯田浩司アナウンサーと言えば、「ザ・ボイスそこまでいうか!」の司会者であり、 …

no image

ワークショップまつりに参加しました

ワークショップまつりに参加しました。 「ワークショップまつり」とは障がい者自立支援センター「ワークショップすかがわ」の皆様が開催する「工芸展」です。 長年、障がい者の方々の自立支援活動を続けてこられた …

安倍晋三総理大臣とツーショット

地方空港の今後の展開について

須賀川市市議会会派合同講演会を開催しました。川端一生氏(国土交通省航空局航空ネットワーク企画課企画調整官)を講師に迎え、「地方空港の今後の展開について」を演題にご講演を頂きました。 川端氏は福島空港の …