未分類

トランプ大統領の国連演説における拉致問題に関する発言について考える

投稿日:

産経ニュース :横田早紀江さん、トランプ氏の国連演説に「びっくりした。拉致問題解決へ風が向いたよう」 滋さんも内容に聞き入る 

http://www.sankei.com/world/news/170920/wor1709200039-n1.html

国連におけるトランプ大統領の演説には、拉致問題に長年取り組まれて来た横田さんご夫妻だからこそ、様々な思いがあるのではないでしょうか。


北朝鮮に拉致された同胞を取り戻すことが出来ず、同盟国であるアメリカの大統領に期待するしか出来ない、それが日本国の現実です。
よく教科書やマスメディアは「戦後の日本は平和国家として」という言葉を使います。しかし、ならず者国家に日本国民が100人以上拉致され、何十年も経つのに取り戻すことが出来ない国家が、果たして「平和な国」なのでしょうか。
私も常に地方議員として活動する際には、ブルーリボンバッジをつけています。そのため、「その青いバッジはなんですか?」と市民の方々に聞かれることが多々あり、その際には「拉致問題解決を求めるバッジです。日本と北朝鮮をつなげる日本海と空の色を表しています。朝鮮総連関係者に『拉致被害者を返せ』と無言の意志を表す為です。」と丁寧に答えてきました。

ただ、残念のことは、ブルーリボンバッジが「拉致問題のバッジ」である事を知らない方が増えてきました。

さらに、「拉致問題の解決は無理でしょう」と他人事のように、平然と発言する人もいます…
北朝鮮の問題は「核、ミサイル」だけではなく、拉致問題も未だ未解決であるという「厳然たる事実」を私達は忘れてはなりません。

-未分類

執筆者:

関連記事

須賀川青年会議所11月例会まちづくりセミナーに出席しました。 講師はREVOLの吉田有希さん。

須賀川青年会議所11月例会まちづくりセミナーに出席しました。 講師はREVOLの吉田有希さんです。 テーマは「クラウドファンディング」 クラウドファンディング(以下CF)については、実際に私も寄付した …

安倍晋三総理大臣とツーショット

no image

「ボーイングSTEMプログラムinふくしま」

「ボーイングSTEMプログラムinふくしま」に来ています。 このイベントはボーイング社、日本科学技術振興財団、福島県の主催で開催されています。 STEMとは、 サイエンス、テクノロジー、エンジニア、マ …

何をもって「保守」というのか?~月刊正論12月号対談「現代の保守に求められるもの」から学ぶ「保守」について~

今回のテーマは「保守」です。 「保守派」「保守主義」という言葉は、自称・他称、様々な場面で使われています。 世間で言われているいわゆる「保守」とは、「自らの政治的立場を明確化する」ために使用する、また …

no image

◇平成29年9月議会定例会の総括質疑「須賀川市下水道条例の一部を改正する条例について」

◇平成29年9月議会定例会の総括質疑「須賀川市下水道条例の一部を改正する条例について」 本日は9月議会の総括質疑として、議案第84号「須賀川市下水道条例の一部を改正する条例について」質疑を実施しました …