未分類

いわてリノベーションシンポジウム「法も制度も使いよう-縮退時代の創造的地域経営のススメ-」

投稿日:

◇いわてリノベーションシンポジウム「法も制度も使いよう-縮退時代の創造的地域経営のススメ-」

本日は岩手県公会堂で開催された「いわてリノベーションシンポジウム」に行ってきました!

メンバーは公民連携事業機構の

清水義次氏、岡崎正信氏、木下斉氏、

国土交通省の鈴木武彦氏、

二戸市役所の五日市寿丸氏

という公民連携事業の先駆者、実務者、政策立案者です。

特に公民連携事業機構の清水氏、岡崎氏、木下氏のトークを生で聞くのは3年前に東洋経済新報社が主催した「地方創生フォーラム」以来です。

3年前の地方創生フォーラムに参加したときは、私はまだ市議会議員に当選したばかりでした。

今日の「いわてリノベーションフォーラム」では「自分が須賀川市にて3年間どのようなプレイヤーだったのか」ということを考えながら、パネリストの皆さんの話を聞いていました。

今回のいわてリノベーションフォーラムにおいて、主なテーマは「パークマネジメントとパークPFI」でした。昨年、須賀川市では翠ヶ丘公園のパークマネジメントの実施に向けて、社会実験を開始しました。

また、販売されていた「公民連携事業ケーススタディ」には公民連携プロフェッショナルスクール第1期卒業生がの有馬さんが仕掛けたRojima-すかがわの路地deマーケット」が掲載されています。

須賀川は公民連携事業を実施または新たに取り組もうとする地域です。

しかし、須賀川市役所では事業ベースの公民連携とボランティアベースの市民協働が同じものであると考えている人が沢山いるのも事実です…

激しく変化していく時代の中で、持続的な地域を経営していくには、最新の情報を得ていかなければ地方は生き残れません。

そのためには、法を知り、制度を知り、最新の情報を生でインプットしていく必要があります。

インプットした最新の情報を、いかに須賀川市のために、アウトプットしていくか、それが市議会議員として「私しかできない役割」です。

今日のリノベーションシンポジウムは、盛岡まで行った価値は十分にありました。出来れば須賀川市からどなたか一緒につれて行きたかったなぁと思う次第です。

-未分類

執筆者:

関連記事

国難と平和ボケ

現在の北朝鮮情勢の緊迫化は、クリントン政権下での精密爆撃が計画された「93年〜94年の核危機」同様の緊張状態にあります。本年3月6日に北朝鮮から発射された4発のスカッド改良型は、「有事の際に在日アメリ …

平成30年須賀川市12月議会が開会しました。

須賀川市12月議会が開会しました。 本日から12月20日まで、会期は22日間です。 主な議案は次の通り ①人権擁護委員の候補者推薦 ②郡山市と須賀川市との連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結に関する …

「ハウスメーカーは地域にローンしか残さないが、地場の工務店に降りたお金は、何倍にもなって地域に残る」

「ハウスメーカーは地域にローンしか残さないが、地場の工務店に降りたお金は、何倍にもなって地域に残る」これは全建総連福島県須賀川建設組合の懇親会にて、佐藤新多郎組合長の挨拶です。 まさに、その通りだと思 …

no image

経済対策予算

本日の産経新聞に「経済対策事業費20兆円」という記事が載っています。 まだ正式に発表されていませんが、自民党本部の会議情報を見ると、経済対策に関するテーマで部会が開かれていることが分かります。 この部 …

根本博中将の足跡を巡る

◇根本博陸軍中将の足跡を巡る 根本博陸軍中将をご存知でしょうか。 終戦時に内モンゴルに駐屯していた駐蒙軍司令官として、終戦後もなお侵攻を止めないソビエト軍の攻撃から、蒙古聯合自治政府内に滞在していた在 …