未分類

◇デフレ脱却なくして憲法改正なし

投稿日:

◇デフレ脱却なくして憲法改正なし

自由民主党の総裁選が終了し、その結果をめぐり様々な論評がされています。

論評はジャーナリストや評論家の方々に任せて、私達は総裁選後の政治スケジュールを見ながら動いています。

特に、憲法改正の国会発議が具体化してきました。憲法改正は自由民主党の立党の精神であり、戦後日本における先人達の悲願でもあります。

安倍総裁の任期中における憲法改正を目指して、さらにギアを上げて、行動を進めていきます。

しかし、憲法改正の国会発議までの道のりは、未だに遠く、さらに国民投票に関しては、大きな懸念材料があります。

それは「消費税の増税」です。

憲法改正における国民投票に勝利するためには、憲法改正に対する世論の支持だけではなく「安倍政権に対する政権支持率の高さ」が重要になってきます。

「国民投票の成功率は安倍政権の支持率と比例する」と言っても過言ではありません。

安倍政権の支持率の基礎は「アベノミクスによるマクロ経済政策」です。第一の矢である「金融緩和」によって株価と失業率は回復していきました。

(第二の矢である財政出動については…まだまだこれからだと思っています)

特に20代から30代による安倍政権に対する支持率の高さは、新卒者に対する有効求人倍率の上昇にあることは間違いありません。

安倍総裁が総裁選で述べたように、日本経済は着実にデフレから脱却しようとしています。

しかし、消費税を8パーセントから10パーセントに増税を実施すれば、日本経済はデフレに戻ります。

消費税の増税がもたらすものは、経済の冷え込みだけではありません。

安倍政権の支持率低下にも直結します。

先に「憲法改正における国民投票の成功率は安倍政権の支持率に比例する」と書きました。

消費税増税を凍結しなければ、参議院選はもとより、憲法改正が危うくなります。

特に、消費税増税にもっとも敏感な反応を示しているのは「地方」です。

消費税増税の悪影響をもっとも受けやすいのは、「地方」です。

そもそも、消費税増税はアベノミクスの政策ではなく、民主党政権下における「3党合意」の結果でした。

すでに民主党は存在していません。

さらに、昨今の台風被害、北海道胆振東部地震や西日本豪雨災害は、我が国にとってリーマンショック級の影響を与えているのではないでしょうか。

「デフレ脱却なくして憲法改正なし」

憲法改正とデフレ脱却のためのアベノミクスは、同時展開すべきです。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

共産党が、核兵器禁止条約調印を求める請願書を全国で一斉に動いている理由について

現在、ノーベル平和賞を受賞した非政府組織「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長が来日して、様々な活動を行なっています。 このICAN事務局長の来日をサポートしているのが …

事前調査→ヒアリング→一般質問

本日は9月議会の一般質問に向けて、須賀川市当局とのヒアリングです。 須賀川市議会では、一般質問までの作業スケジュールとして、「事前調査→質問通告→ヒアリング→質問順序決め→一般質問」という流れになって …

no image

自民党あさかぜ号で遊説

no image

復興に向けての福島ミーティング

   昨日、伊達市霊山町のりょうぜん里山学校にて、「復興に向けての福島ミーティング」に参加しました。    半谷輝己さんによる福島の現状についての説明。 &nb …

no image

佐藤正久参議院議員の昼食懇談会にて

本日、全国武の会総会の前に、ヒゲの隊長こと佐藤正久参議院議員の昼食懇談会に参加しました。 この講演会は会費制のため、全部を公開する訳にはいきませんが、非常に重要な情報があり、一部をアップします。 まず …