未分類

長野県長野市の「リノベーションまちづくり」を視察してきました

投稿日:

長野県長野市の「リノベーションまちづくり」を視察してきました。

まず初めに、「株式会社まちづくり長野」のタウンマネージャー 越原照夫氏から(株)まちづくり長野の事業内容、取り組みの成果などの説明を受けます。

ちなみに、越原氏はタウンマネージャーになる前は、イオンの社員として活躍されていたそうです。

(株)まちづくり長野が手がけた「ぱてぃお大門 蔵楽庭」は、平成17年11月12日にオープンした空き蔵、民家を再生したテナントミックス商業施設です。

大門町は善光寺の門前に位置し、北国街道の宿場町として、多くの参拝客で賑わうとともに、卸問屋が軒を連ねる問屋町でした。

ぱてぃお大門の一角は、紙屋、下駄屋、金物問屋が建ち並んだ場所でしたが、空き店舗や空き家が増えていました。

そのような中、長野市の地元有志の手により明治時代の蔵、家屋などの歴史的資源を再活用しながら活性化拠点として、一帯を面的に整備する「パティオDAIMON計画」がまとめられました。

その後、(株)まちづくり長野が実施主体として、計画を引き継ぎ事業化しています。

ぱてぃお大門の施設概要

敷地面積 約942坪

筆数12筆(賃借11筆、取得1筆)

建物棟数15棟(改修11棟、新築4棟)

テナント14店舗(飲食10、物販4、サービス1)

ぱてぃお大門の資金調達

写真参照

説明の中で、土地は20年間で借地契約、建物は無償で借りたとのこと。

全体来場者は年間約70万人(レジ通過は約33万人)

全体売上高は年間約4億8000万円

特筆すべきは、リノベーションまちづくりが注目される遥か前の、平成17年からリノベーション事業をまちづくり会社が仕掛けていたことです。

しかも、ぱてぃお大門は黒字を確保しているとのこと。

質疑応答の際に、善光寺門前のリノベーションまちづくりについて聞いてみました、

ちなみに、善光寺門前のリノベーションまちづくりとは、行政や不動産オーナーが主導したものではなく、民間主体の取り組みでした。

2000年代までは小規模の事業者が蔵、古民家などの遊休不動産のリノベーションをそれぞれが個々に始めたものです。

越原氏によると、初めは信州大学で演劇を作っていた「ナノグラフィカ」というグループが、「空き家見学会」を始めました。

その後、不動産、建築を専門とする人達が空き家見学会に関わってきます。

特に2009年開設の「カネマツ(KANEMATSU)」は、農業用ビニールシートの加工場跡地(蔵)を活用して、カフェや古書店、シェアオフィスの入る拠点施設です。

当初から長野市内でリノベーションに関わってきた建築家の広瀬毅氏や宮本圭氏などがLLP(有限責任事業組合)「ボンクラ」を設立。空き家仲介・リノベーションを業務とするマイルーム(本社・長野市)を創業した倉石智典氏もここに入居しました。

その後、CANPグループというまちづくりグループが出来たことで、(株)まちづくり長野がバックアップをすることになり、毎週水曜日に集まり会議をしているそうです。

ちなみに、これまでリノベーションされてきた物件は、大家さんが1万円から高くても5万円代で、貸してくれたと越原氏は説明しました。

実際にリノベーションされた物件を見てきました。

東町ベース

文房具問屋の倉庫をリノベーションした物件で、設計事務所や不動産会社が入居する門前リノベーションの拠点。

カネマツ(KANEMATSU)

倉庫として使われていた蔵を、鉄骨や木造の平屋でつなぎ、ここをプロデュースする「ボンクラ」のシェアオフィスやカフェ、古本屋、不動産屋、会計事務所などが入居。

偶然にも、入居している会計事務所の方から、話を聞くことが出来ました。

入居した理由は、会計事務所を独立する際に、ボンクラの関係者が友人だったそうです。

家賃は周りの物件に比べるとはるかに安く、入居者同士の横のつながりが楽しいとのことです。

ただ、物件はボロいので、隙間風や雨漏りがあるのは難点のようですが、それも含めてユニークな物件です。

ナノグラフィカ

築100年の旧鍼灸院跡地を喫茶、編集室、住居に改装。善光寺門前の古民家改装の先駆けとして、町の青年部とともに「長野・門前暮らしのすすめ」プロジェクトを進行中。

ナノグラフィカの外観を撮影していると、近くの「箱山ふとん店」の若社長から声をかけて頂きました。

色々話していると、どうやら次のリノベーション物件を仕掛けている最中とのこと。

ペットと一緒に入ることができるカフェを作っていました。

箱山さんは「何もしなければ街は廃れます。私達が街を守っていかないといけないので、リノベーションを手がけています」と話しています。

タウンマネージャーの越原氏も、次のように話しています。

「税金を払えない企業しかないと地域は滅びる」

「このまま相続放棄された不動産が増えれば、行政に寄付となり、無税地が増えていく。ボロボロの空き家に税金を投入することは出来ない。」

長野市でお会いした人達は、間違いなく街を守るのは自分たちしかいないという、危機意識を持っていました。

-未分類
-, ,

執筆者:

関連記事

福島県議会議員選挙立候補決意表明

福島県議会議員選挙立候補決意表明 私は「日々全力疾走」をモットーに、初当選以降は市内各地を回り様々な意見を頂戴し、議会を通じて政策提言を行ってきました。 また市内・県内だけではなく、全国各地を積極的に …

出初式から賀詞交換会まで

今朝は10時から平成30年度須賀川市消防団出初式」が市民スポーツ広場体育館で開催されました。 毎年議員の仕事始めは、出初式への来賓出席です。 気温2度の寒風吹き荒ぶ中での出初式でした。 屋内ですが、寒 …

no image

産経新聞・加藤前ソウル支局長の講演会

産経新聞・加藤達也前ソウル支局長(現社会部)の講演会に出席しました! 加藤氏の特に印象に残った発言は、 「憲法よりも国民情緒が優先される国、それが韓国」 「内政問題を外交交渉に影響させていく」 「韓国 …

no image

自由民主党福島県連主催の「ふくしま未来政治塾第三回」講師は福島県医師連盟副委員長 星北斗先生

自由民主党福島県連主催の「ふくしま未来政治塾第三回」講師は福島県医師連盟副委員長 星北斗先生です。テーマは「福島県の医療の現状と課題」 星先生の話はまさに「舌鋒鋭く歯に絹着せぬ」講演です。福島県の医療 …

no image

御北徳福稲荷大明神祭

昨日の北町の御北徳福稲荷大明神祭は無事に終了しました。ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございます。 ライトアップされた紫陽花と神社の社殿の風景は、須賀川の誇れる風景だと思います。 また、北町の夏祭りは …