未分類

原発事故から10年という節目の年を前に、報道による「風評拡大」についても「総括」すべきです

投稿日:

「汚染水と処理水は違う」

「汚染水の海洋放出と言い続けることは、風評被害を生み出す」

…残念ながら、あえて混同させて印象操作をするメディアがあります。その筆頭が朝日新聞です。

これまでも朝日新聞は福島県に対する風評被害を広げる報道を続けてきました。

特に、東京電力福島第1原発のALPS処理水については、今でも「処理済み汚染水」という独自の用語を使っています。原発にたまる汚染水を多核種除去設備(ALPS)で処理した水は「処理水」であり、汚染水ではありません。

朝日新聞は10月9日の記事でも「東京電力福島第一原発にたまる処理済み汚染水の処分方法について」と意図的に汚染水と処理水を混同しています。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14651975.html?iref=pc_ss_date

処理水を意図的に「汚染水」と言うのは朝日新聞と日本共産党または反原発活動家だけかと思い、調べてみたところ毎日新聞、東京新聞でも汚染水という言葉を使っていました。

https://twitter.com/mi2_yes/status/1316964814443433984?s=21

ALPS処理水の処分方法については、10月10日に福島民友の「処理水方針、海洋放出へ『最終調整』意見聴取の終了示唆」をきっかけに、10月16日には時事通信、共同通信など中央のメディアが「政府は処理水の海洋に放出する方針を固めた」と報じています。

https://www.minyu-net.com/news/news/FM20201010-545438.php

東電の計画では、早ければ2022年夏にも原発敷地内のタンクで保管できる容量に達する見込みです。処分の準備には2年程度かかるため、今年の秋にも処分方針が決定されるのではという見方が出ていました。

ついに菅義偉政権によってALPS処理水の処分方法が決定されます。最大の課題は風評対策です。

福島民友10月16日一面

海洋放出に強く反対する全漁連や県漁連は「処理水が海洋放出されれば、風評被害は必至だ」と訴えています。また、福島県内44市町村議会では処理水の処分方針について決議や意見書を可決していますが、そのほとんどが「風評拡大を懸念」する内容です。

つまり「処理水が危険だから反対」という主張ではなく、「処理水が危険だと世間が誤解をしているため、風評被害が拡大するから反対」という主張です。両者は全く意味が違いますが、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞などのマスメディアは意図的に両者を混ぜて報道することで印象操作をしています。こうした報道は政府による海洋放出の方針決定後はさらに増えていくでしょう。

これまでALPS処理水を巡る議論の中で、朝日新聞を筆頭とするメディアは、「科学を振りかざすだけではなく」と、感情を優先して客観的かつ科学的な事実を無視してきました。

https://twitter.com/asahi_energy/status/1177028783968145408

県内在住のフリーライター林智裕氏はこうした朝日新聞の姿勢について、客観的事実に耳を塞ぎ続け、こうした自然な感情に過剰に「寄り添う」ことは、不当な差別や風評の正当化と固定化につながりかねない危険なものと、厳しく批判しています。

原発「処理水」を、なぜマスコミは「汚染水」と呼び続けたのか 林 智裕

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67575?page=2

ALPS処理水を巡る報道、伝承館の語り部に関する報道、そしてこれまでの原発事故と福島県に関する朝日新聞の報道は「地元住民による国と東電の批判ありき」の内容ばかりでした。その報道姿勢に沿わない場合は原発事故の被災地である福島県であっても、一方的に批判してきたのが朝日新聞を筆頭とするマスコミです。

来年は震災と原発事故から10年という節目の年です。この機会に、報道による「風評拡大」についても「総括」すべきではないでしょうか。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

参議院議員選挙の結果が意味するもの

参議院議員選挙の結果が意味するもの 今回の参議院議員選挙の結果により、私達は国政、政権与党との重要なパイプを失いました。 特に福島第三選挙区内の須賀川、白河、石川、田村、東白川は、「衆議院議員は玄葉光 …

no image

福島県市議会議員研修会初日

福島県市議会議員研修会のため、会津若松に来ています。テーマは「議会改革」 「議会基本条例は作成したけれど、議会報告会や議員間討議が上手くいかない議会が多い」 全国的にそのような議会が多いようです。 今 …

no image

政治と死、憲法改正に命をかける演説

「日本国の憲法を改正するために命をかけることが青嵐会の魂であります」 「我々がもし仮に31人、力を合わせて日本のために死ぬことができたら」 https://youtu.be/GWsju1kwJM0 Y …

no image

令和元年須賀川市防災訓練を見学

令和元年須賀川市防災訓練を見学しました。今年は市民スポーツ広場です。 市議会議員時代は来賓として呼ばれていましたが、今回は一市民として見学してきました。 側から見ていると、今後の防災訓練のあり方、災害 …

no image

「東北復興の集中審議」ではなかった衆議院予算委員会~民進党・共産党による東北被災地の政治利用ではないのか

昨日5月8日の衆議院予算委員会は「予算の実施状況に関する件(安倍内閣の基本姿勢)」をテーマに審議が行われました。 本来は「復興」をテーマとした集中審議ですが、「東北の復興」「今村大臣の発言」について触 …