未分類

共産党が、核兵器禁止条約調印を求める請願書を全国で一斉に動いている理由について

投稿日:

現在、ノーベル平和賞を受賞した非政府組織「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長が来日して、様々な活動を行なっています。

このICAN事務局長の来日をサポートしているのが、あのピースボートです。

http://peaceboat.org/22104.html

報道では、ICAN事務局長が、総理官邸に対するアポイントを取れずに悔しがる姿が報じられていましたが、はっきり言って論評に値しません。

ただし、全国の地方議会において、共産党が核兵器禁止条約調印を求める請願書の採決を求めて、組織的に活動を行なっています。

共産党の志位和夫委員長は機関紙しんぶん赤旗にて以下のように発言しています。

『志位 自治体レベルでは、首長の方々のなかでもそういう流れが広がっていますし、地方議会でも決議があがっています。地方レベルからも声をあげる努力をしていきたいと思います。』

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-07-09/2017070902_01_1.html

添付した写真は須賀川市議会に提出された請願書です。同じ内容で団体名と紹介議員を書き込むだけのテンプレート方式です。

そして、共産党が、核兵器禁止条約調印を求める請願書を全国で一斉に動いている理由は一体何か。

共産党機関紙しんぶん赤旗の主張には、核兵器禁止条約調印を求める共産党の目的が書かれています。

『核兵器禁止条約に署名し、日米核密約の破棄と非核三原則の厳守・法制化など日本の真の非核化に踏み出すべきときです。そうしてこそ北朝鮮への核・ミサイル開発放棄も、いっそう強く、説得力をもって迫ることができます。』

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-09-17/2017091702_01_1.html

共産党が日本政府に核兵器禁止条約の調印を求める理由は、①日米間の核抑止の破棄、②非核三原則を法制化。つまり、日本がアメリカの核の傘を完全放棄することにある、と読み取れます。

また、赤旗に書かれた「(日本が核兵器禁止条約を調印すれば)北朝鮮への核・ミサイル開発放棄も、いっそう強く、説得力をもって迫ることができる」という主張は、まさに空論です。

皆さまがお住まいの地方議会では、同様の請願書が採択されていませんか?

是非、ご確認下さい。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

自衛隊父兄会の総会に参加

今日は自衛隊父兄会の総会に出席→西川若連会の秋祭り実行委員会に参加しました。明日は郡山駐屯地記念日行事に参加します。

小坪慎也行橋市議会議員と面談!

昨日は、「日本で一番有名な市議会議員」である、小坪慎也行橋市議会議員と面談。 実際に小坪議員にお会いして感じたことは、「物腰の柔らかい方」という印象です。 しかし、議会の内外で、丁々発止の議論を繰り広 …

no image

一般質問の流れ①事前調査申出書提出

平成30年須賀川市議会6月定例会の一般質問における事前調査が始まりました。 今回は「地域包括ケアシステムの訪問診療について」「災害時の口腔ケアについて」、調査していきます。 本日は議会事務局に事前調査 …

8月7日(月) 櫻井よしこ氏のプライムニュースの発言に感銘を受けて

今日のプライムニュースでは、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、萩生田光一衆議院議員をゲストに招き、改造内閣、憲法改正、北朝鮮対応などについて議論が行われました。 http://www.bsfuji.tv/ …

筑紫野市のコミュニティ政策

行政視察2日目は筑紫野市に来ています。視察テーマは「コミュニティ政策について」 地域コミュニティ基本構想の策定から、各地域におけるコミュニティ運営協議会の設立過程について、説明を受けました。 また、筑 …