未分類

須賀川市議会議員選挙が無投票で終わってから…考えたこと

投稿日:

須賀川市議会議員選挙が無投票で終わったことは、私も非常に残念に思っています。

4年前に「29歳 市政に若い力を!」というスローガンを掲げて、市議会議員に立候補しました。

無名の若き新人が立候補、そして当選したことで4年後は若い候補が増えるだろうと思っていました。

また、議員活動の4年間で市政報告会や講演の中では「市議会の役割とは何か」「執行部と議決機関の違いは何か」「議員の活動とは」という話をしてきました。

さらに、地元の若手経営者たちに「若い市議会議員がいかに必要か」を話してきました。

そして、市議会議員の活動を「見える化」するために、積極的にツイッター、facebook、ブログなどで情報を発信してきました。

しかし、残念ながら無投票でした。

地元紙マメタイムスには「公約も知らない、人となりも知らない、有権者の審判も受けない人が市民の代表といえるのか」といった声をコラムに書いています。

さらに「議員定数24を減らせ」という声も聞いています。

市議会に対して非常に厳しい風が吹いています。

ただ、私はこれからも「市議会議員の役割」を話していきます。さらに「なぜ、若い市議会議員が必要なのか」話していきます。

最後に私個人の感想ですが、以下が無投票の原因かと思っています。

① 立候補をするためには企業・団体を退職する必要がある。そのリスクが高すぎる。

② 若手企業経営者が選挙に立候補すれば、企業経営を親族に任せる必要がある。

③ 社会的に「政治的活動には関与しない」という方針が広まりすぎた。

④ 須賀川市の場合、選挙に立候補する人に対して「会社が傾いたから議員報酬目当てで立候補した」という偏見がある。

-未分類

執筆者:

関連記事

朝のリーフレット配りをしました

6時30分から8時まで、須賀川駅前にて自民党福島県連のリーフレットを配布しました。朝の7時からは、共産党の街宣部隊と鉢合わせ。 戦力差は1人対5人(相手は街宣車あり) 人的、物的差はありましたが、こち …

福島県議会一般質問に登壇

昨日、県議会一般質問に登壇しました。 1風評について内堀知事に対して、林智裕氏の「正しさの商人」を引用して、風評加害と戦うよう知事に質問しました。 2 再生可能エネルギーについて県南地方の実例を挙げて …

懐かしい日通のダンボール

議会会派室の引っ越しです。引っ越し用のダンボールは日通のマーク入り。 懐かしいダンボールです。 …数年前、東京にいた頃の話です。 ある経済評論家の秘書を辞めてから、議員秘書の繋ぎとして、色々な仕事をし …

釈迦堂川の水害対策について、リポート

今回は須賀川市の中心を流れる釈迦堂川の水害対策について、リポートしました。 令和元年東日本台風以降、釈迦堂川の水害対策について福島県議会で度々取り上げています。工事の現状について自撮りで現地リポートし …

no image

◇平成30年度須賀川市自衛隊協力会総会

◇平成30年度須賀川市自衛隊協力会総会 この度、須賀川市自衛隊協力会では西澤義一会長が退任され、新たに広瀬吉彦会長が就任されました。私は庶務から会計になりましたm(._.)m 西澤会長は20年以上、須 …