未分類

北朝鮮のミサイル発射を受けて、安全保障を直視した政党を選ぶべき。

投稿日:

北朝鮮が19日午前10時15分ごろ、日本海に向けて弾道ミサイルを2発発射しました。
日本が選挙期間中であることを知って、あえてこのタイミングで北朝鮮は弾道ミサイルを発射したのは、間違いありません。
岸田文雄首相は官邸で「国連安全保障理事会決議違反であり、強く非難する」と述べ、松野官房長官も同様に北朝鮮を強く非難しています。
しかし、立憲民主党の枝野代表は「首相、官房長官が都内不在でミサイル対応不十分」という趣旨の批判をしていますが、この批判は全く当たりません。
10時23分に海上保安庁が関連情報を発表後、24分に「情報収集などに関する首相指示」が発出されています。この首相指示により、自衛隊や海保などが弾道ミサイルの被害などについて調査します。
また、都内には実務役の磯崎仁彦官房副長官が残り、いつでも自衛隊機で戻れる体制にいました。

枝野氏は北朝鮮を批判すべきであり、岸田政権を批判するのは「北朝鮮のミサイル問題を選挙目的に利用した」といえます。
むしろ、立憲民主党の枝野氏こそ、我が国の安全保障について如何に考えているのでしょうか。
野党は平和安全法制の廃止を核に立憲民主、共産、社民、れいわが野党共闘に合意をしています。
また立憲民主は共産党と閣外協力を明言しているため、野党は日本の防衛力を弱体化させるのは明らかです。

自民党は今回の総選挙で「弾道ミサイル等への対処能力を進化させるとともに、相手領域内で弾道ミサイル等を阻止する能力の保有」を含めて、抑止力を向上させるための新たな取り組みを進めていきます。
また、北朝鮮だけではなく尖閣諸島や台湾における対中有事は現実味を増してきています。
今回の選挙では、国民の生命と安全を守るために、安全保障環境を直視したリアリズム政策ができる政党はどこか問われるべきです。

-未分類

執筆者:

関連記事

福岡県春日市に「防災」をテーマに行政視察に来ました。

会派創政会の行政視察2日目。 福岡県春日市に「防災」をテーマに視察に来ました。 春日市は航空自衛隊春日基地があり、航空自衛隊の西部方面航空隊司令部の本拠地です。 さらに、陸上自衛隊福岡駐屯地も所在して …

アフガニスタン邦人救出作戦について解説動画を作りました

https://youtu.be/dG3cWs7p6ps 8月23日月曜日、アフガニスタンに向けて航空自衛隊の輸送機が出発しました。タリバン政権のアフガニスタンから邦人、現地スタッフの国外待避に向けて …

no image

吉美根区敬老会に参加

吉美根区敬老会に参加しました。 写真は感謝状の贈呈です。 敬老会の挨拶では「福田こうへいではなく、渡辺こうへいです」という鉄板ネタが出来ました。 福田こうへいさん並みの知名度にならないと、選挙は勝てな …

no image

宮田修さん講演会

令和元年9月23日 神炊館神社主催の講演会に参加しました。 講師はNHKアナウンサーを退職されて、神職になられた宮田修さんです。 笑いあり、「なるほど」と納得ありの講演会でした。

no image

福島県の航空・宇宙関連産業補助金が発表

福島県の航空・宇宙関連産業補助金が発表されました。 ただ、この補助金はあくまでスタートアップ補助なんですよね… JISQ9100やナドキャップは、毎年40万円から50万円かかります。 さらに、JISQ …