未分類

「平成30年度教科書展示会」にて、道徳、歴史、公民の教科書を考える

投稿日:

須賀川市教育研修センターでは「平成30年度教科書展示会」が開催されています。

教科書展示会とは

『平成30年度教科書展示会が、6月15日からの14日間を中心として、全国1200カ所以上で開催されています。同制度は、昭和23年の検定教科書制度の実施に伴い、教科書の適正な採択に資するため、教科書発行法により設けられた制度です。』赤池誠章参議院議員のブログから引用

https://ameblo.jp/akaike-masaaki/entry-12385711249.html

平成31年度は小学校教科書が採択され、平成32年度には中学校教科書が採択されます。

赤池参議院議員のブログによれば、昨年は、初めて小学校道徳の教科書が作成され展示されましたが、今年は中学校の道徳の教科書が初めて展示されています。8社3学年分の24種の教科書です。

初めて教科となった道徳の教科書を読みましたが、各社の教科書内容ともに、人格形成に必要な内容となっています。また危惧していたイデオロギーに基づく反戦平和色が濃いような政治的な内容はありません。

道徳の教科化については、私は「義務教育における最も必要な授業」だと思います。

是非、一度道徳の教科書を読んでみてください。

むしろ、道徳の教科書より、歴史教科書の内容については、各社の教科書はスタンスが全く違います。

特に「日本の歴史の闇」ばかりにスポットライトを当てる出版社の教科書内容は、私が中学校時代から、全く未だに変わっていません。

また、歴史事象を掘り下げずに、浅くつまらない教科書の内容も変わっていません。

歴史の授業が暗く、陰湿で苦痛であれば、本末転倒です。

やはり、歴史の教科とは、自国の歴史を学ぶことで、日本人として誇りと勇気を持ち、国民を育む教科であるべきと思います。

ちなみに、須賀川市は中学校の歴史、公民が東京書籍、地理が帝国書院です。

これは、私が中学校の時代から変わっていません。

果たして、なぜここまで長期にわたり、東京書籍が歴史と公民の教科書として採択されているのか、調査していきます。

47都道府県の教科書展示会会場は以下のリンクに書かれています。

どなたでも見学可能です。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/tenji/1359114.htm

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

市政報告会のご案内

市政報告会のご案内 明日と明後日、須賀川市内で集会所を活用した市政報告会を開催します。 明日 12月2日午後2時開会〜3時終了予定 西川区民会館(市内西川町31) 明後日 12月3日午後5時開会〜6時 …

大分県杵築市の全世代型地域包括ケアシステムについて行政視察。

会派創政会として行政視察に来ています。 視察初日は、大分県杵築市の全世代型地域包括ケアシステムについて調査のため、杵築市役所を訪問しました。 きつき版地域包括ケアシステムは、大分県のモデルになり、先日 …

no image

すかがわ産業フェスティバル

すかがわ産業フェスティバル&JA夢みなみ感謝祭の開会式に出席しました。少し肌寒くなりましたが、是非お出かけください。

◇「新総合計画に公民連携の一文が入る」

今回の市議会12月定例会では「須賀川市第8次総合計画 須賀川市まちづくりビジョン2018」の基本計画が全会一致で議決されました。 計画初年度を2018年度として、2022年度までの5年間を計画期間とし …

決算審査を終えて

いわき振興局前にて 3日間の決算審査が終了しました。本庁と出先の審査を合わせると、6日間の決算審査でした。どの地方自治体でも問題となる、県税や県営住宅などの収入未済額や不納欠損額については、福島県にお …

最近のコメント

    カテゴリー