未分類

「平成30年度教科書展示会」にて、道徳、歴史、公民の教科書を考える

投稿日:

須賀川市教育研修センターでは「平成30年度教科書展示会」が開催されています。

教科書展示会とは

『平成30年度教科書展示会が、6月15日からの14日間を中心として、全国1200カ所以上で開催されています。同制度は、昭和23年の検定教科書制度の実施に伴い、教科書の適正な採択に資するため、教科書発行法により設けられた制度です。』赤池誠章参議院議員のブログから引用

https://ameblo.jp/akaike-masaaki/entry-12385711249.html

平成31年度は小学校教科書が採択され、平成32年度には中学校教科書が採択されます。

赤池参議院議員のブログによれば、昨年は、初めて小学校道徳の教科書が作成され展示されましたが、今年は中学校の道徳の教科書が初めて展示されています。8社3学年分の24種の教科書です。

初めて教科となった道徳の教科書を読みましたが、各社の教科書内容ともに、人格形成に必要な内容となっています。また危惧していたイデオロギーに基づく反戦平和色が濃いような政治的な内容はありません。

道徳の教科化については、私は「義務教育における最も必要な授業」だと思います。

是非、一度道徳の教科書を読んでみてください。

むしろ、道徳の教科書より、歴史教科書の内容については、各社の教科書はスタンスが全く違います。

特に「日本の歴史の闇」ばかりにスポットライトを当てる出版社の教科書内容は、私が中学校時代から、全く未だに変わっていません。

また、歴史事象を掘り下げずに、浅くつまらない教科書の内容も変わっていません。

歴史の授業が暗く、陰湿で苦痛であれば、本末転倒です。

やはり、歴史の教科とは、自国の歴史を学ぶことで、日本人として誇りと勇気を持ち、国民を育む教科であるべきと思います。

ちなみに、須賀川市は中学校の歴史、公民が東京書籍、地理が帝国書院です。

これは、私が中学校の時代から変わっていません。

果たして、なぜここまで長期にわたり、東京書籍が歴史と公民の教科書として採択されているのか、調査していきます。

47都道府県の教科書展示会会場は以下のリンクに書かれています。

どなたでも見学可能です。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/tenji/1359114.htm

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

読了 「日本はすでに戦時下にある」

渡部悦和氏の「日本はすでに戦時下にある」を読了しました。第八章の最後に「新たな国家安全保障戦略への提言」が書かれています。第一に、明確な脅威認識を示すべきである。第二に、全領域戦について記述すべきであ …

筑紫野市のコミュニティ政策

行政視察2日目は筑紫野市に来ています。視察テーマは「コミュニティ政策について」 地域コミュニティ基本構想の策定から、各地域におけるコミュニティ運営協議会の設立過程について、説明を受けました。 また、筑 …

no image

平成29年11月22日の出来事

11月22日は午前中はビックパレットにてロボット航空宇宙フェスタふくしま2017を見学。 この日はビジネス向け展示・商談会です。 福島県はロボット、航空宇宙産業に力を入れています。今後、須賀川市におい …

no image

毎年恒例の議員と年賀状について

毎年恒例のお知らせです。 ◇年賀状に関するお知らせ 私達、政治家は、選挙区内の人に年賀状や暑中・残暑見舞などの時候のあいさつ状を出すことは禁止されています。※答礼のはがきのみ許されております。毎年恒例 …

no image

一般質問結果報告 ①「庁舎内における政党機関紙の配達・集金・勧誘」について

◇一般質問結果報告 一般質問が無事終了しました。 発言取り消しの「動議」や「議事進行」はなく、ヤジもありませんでした。 今回通告した4つの質問で、最も注目されたのは、やはり「庁舎内における政党機関紙の …